コスタブラックのカフェイン量は?成分、原材料、値段など

2 min
コスタブラックのカフェイン量は?

コスタブラック飲んでみたら意外と濃い目でした。

おかげで頭もスッキリ!

でもこれはカフェイン結構はいってるんじゃない〜?

と思ってコスタブラックのカフェイン量を調べてみたんですが、情報がありませんでした。

それでも私なりに考えてみましたよ。

コスタブラックのカフェイン量、原材料、値段について書いています。

スポンサーリンク

コスタブラックのカフェイン量はどれぐらいか推測

コスタブラック - 半分飲んだ

コスタブラックは、カフェイン量を発表していません。

ですのでどれぐらいカフェインが含まれているのか、正確なものは分からないんですね。

分かるのは通常の+1.3倍コーヒー豆が含まれているということ。

通常のペットボトル入りコーヒー製品と比較して、+1.3*倍のコーヒー豆を使用したコクのある深い味わい。

出典:https://c.cocacola.co.jp/costacoffee/product/

というわけで、ふつうのペットボトル入りコーヒーに含まれるカフェイン量を参考にして、考えてみました。

一般的なペットボトル入りコーヒーに含まれるカフェイン量

<100mlあたりのカフェイン量>

・CRAFT BOSS BLACK:約40mg
・TULLY’S COFFEE Smooth BLACK PET:50mg
・ダイドーブレンド クラフト ブラック:49mg
・ダイドーブレンド バリスタズクラフト ブラック:50mg

最近よく見かけるペットボトルのコーヒーのうち、カフェイン量の分かるものをまとめました。

するとコーヒー100mlあたり、だいたい40〜50mgのカフェインが含まれいるケースが多いように思います。

これを参考にしたいと思います。

コスタブラックのカフェイン量を推測で!

通常のペットボトル入りコーヒー製品と比較して、+1.3*倍のコーヒー豆を使用したコクのある深い味わい。

出典:https://c.cocacola.co.jp/costacoffee/product/

ですのでコスタブラックに含まれるカフェイン量は、通常のペットボトル入りコーヒーの1.3倍ぐらいかなとか考えると・・・

52〜65mgぐらい?

これはとっても標準的なカフェインの量ですね。

※日本食品標準成分表2015(文部科学省)に出てる、レギュラーコヒーのカフェイン量が100mlあたり約60mg

でもカフェイン量ってコーヒー豆の種類や焙煎具合によってかなり違うらしいので、あくまで推測になります。

スポンサーリンク

コスタブラックの成分

コスタブラック - 成分表
成分名
エネルギー0kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物0.9g
糖類0g
食塩相当量0.06g

※栄養成分表示(1本100ml当たり)

ブラックコーヒーだけあって0Kcalですね。

スポンサーリンク

コスタブラックの原材料

コーヒー豆は、ブラジル、コロンビア、その他から。

こらら全てのコーヒー豆は「レインフォレスト・アライアンス」認証を受けているそうです。

そしてコスタブラックの場合は、51%の豆が高級品

上品な味わいがするのは、高級なコーヒー豆を使っているからですね。

その他、コスタブラックには香料が含まれています。

この香料というのは、コーヒーっぽい香りがするものなんだそうですよ〜。

コーヒーの香りって、とってもとびやすいので、このように香料を上乗せして工夫しているようです。

コスタブラックの値段

コスタブラックのメーカー希望小売価格が、270ml 広口PETで158円。

私がファミリマートで買ったときも、この値段で売られていました。

コスタブラックはわりと質の良い美味しいコーヒーだと思うので、この値段は決して高くないと思います。

た・だ・し!

スーパーだともっと安く売られてるみたいですね。

https://twitter.com/ARMANI_WATANABE/status/1389526368203907075

コスタブラックが138円(税抜)ですってー。

スーパーだと安いですね。

まとめ

コスタブラックを実際に飲んでみたんですが、私はわりと好きでした。

口コミでの評判も上々ですし、ブラックコーヒーがお好きなら一度試してみても良いと思いますよ。

created by Rinker
COSTA(コスタ)
¥5,350 (2024/04/24 12:48:54時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

クロ

クロ

Web製作の仕事をしています。ふだんからトレンドには敏感で常にチェックしてます。雑貨や家電、食べ物への関心が強め。気になった情報は深掘り&自分の体験をもとに書いてます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事