コスモ直火焼りんごカレールー甘口は子供も大人も美味しいよ!

2 min
コスモ直火焼りんごカレー・ルー

『コスモ直火焼りんごカレー』はうちの鉄板カレー。

一番お気に入りのカレールーです。

うちには4歳と1歳の子供がいるのですが、2人ともこのカレーが大好き。

そしてなんと親もこのカレーが大好き♪

※甘党ではありません。

コスモ直火焼りんごカレー・ルー甘口は、決して甘いカレーではないんですよ!

スポンサーリンク

コスモ直火焼りんごカレールー甘口の感想

そんなに甘いわけではない

コスモのりんごカレー甘口は、実は言うほど甘くありません。

カレーの王子様とかバーモンドカレーのような甘さをイメージしていたら、かなり違います。

たしかに甘みはあるんですけど、なんか清涼感あるんですよねー。

りんごの甘味だとは思うのですが、言われなきゃ分かりません。

むしろトマトの甘みの方が強いような・・・。

他のカレーと比べて甘みが強いわけじゃないと思いますよ。

※一般的なカレーと比較するとむしろ控えめかも。

全体的にスッキリとしつつ、トマトと野菜の旨味を強く感じるカレー。

子供向けというより、むしろ大人向けの味だと思います。

4歳と1歳の娘も大喜び

まぁ子供ってカレー大好きなので、参考にはならないと思いますけど。

うちの子たち、このカレー大好きです。

スッキリとした甘みと野菜の旨味があるからでしょうね。

あ、そうそう、あと脂っぽくありません。

4歳の子も1歳の子も無限に食べますよ。

大人は自分で辛さを調節する

大人向けに、別途カイエンペッパーとピメントン(辛口)を用意してます。

これをカレーに振りかければ、甘口→大辛に大変身。

大人が食べても、ハフハフと満足できる辛いカレーになります。

カイエンペッパーはマジで辛いので、かけすぎには注意。

ネットの通販で買うことができますよ。

ピメントンは好みが分かれるところなので、あえてオススメしないでおきます。

スポンサーリンク

コスモのカレールーがあればパパも作れる

このカレーはパパでも美味しく作ることができます。

休日のパパの手料理にピッタリだと思いますよ。

作り方はいたってふつう。^^;

まず人参・ジャガイモ・玉ねぎ・好きな野菜を細かく刻みます。

分量はだいたい以下の感じ。

人参:1本
玉ねぎ:2個
じゃがいも:2個
好きな野菜:すきなだけ
お肉:200〜300g
水:800ml ※カップ4杯

※細かくしないと子供が食べられない

そんでフライパンで、野菜に透明感がでるまで炒めます。

まぁ透明感っていうか、しんなりっていうか。

そしたらお湯(あるいは水)を入れて沸かします。

お湯が湧いたら、しばらくアクを取りながら煮込んでください。

じゃがいもが柔らかくなったらOK.

最後にフレーク状のカレーをパラパラと全部いれます。

固形のタイプと違って、フレークタイプは固まりにくくて溶けやすいんですね。

というわけで、美味しそうに出来たと思います。

量的には8皿分とかなんですが、カレーひたひたで食べるにはこれぐらい必要です。

子供を含む4人家族でもアッサリ食べちゃいますよ。

スポンサーリンク

あとがき

コスモ直火焼カレールーは、辛口や中辛もあります。

辛いタイプも美味しいですが、家族みんなで食べるならりんごカレーの甘口がベスト。

他にはないスッキリとした甘みが美味しいカレーです。

わりと全国的に販売しているので、見つけたら試してみてください。

スポンサーリンク

クロ

クロ

Web製作の仕事をしています。ふだんからトレンドには敏感で常にチェックしてます。雑貨や家電、食べ物への関心が強め。気になった情報は深掘り&自分の体験をもとに書いてます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA